野々市市が生んだ、実力と華やかさを合わせ持つ新進気鋭のサクソフォン奏者、
作田聖美凱旋公演!
ついにその日がやってきました!

コンサート前日の28日(土)は、市内の中学校高校の吹奏楽部を対象にワークショップを開催。
まず、受講者は全員舞台の上にあがり、間近でサックスとピアノ(小堀香奈)の生演奏を聴きました。
最初は緊張気味だった生徒たちも「やはりプロの演奏は違う!」と目を輝かせていました。


そして、この機会にと日頃から抱いている疑問等を熱心に聞いていました。
作田さんが野々市市出身ということで、身近に感じながらも目標にしたい憧れの存在となったようです。

最後は記念に握手をしたり、一緒に写真を撮ったりしていました。
参加した生徒たちがこの日教わったことを生かしてこれからの演奏につなげていってほしいですね。


コンサート29日(日)、本番前に出演者で記念撮影。
「頑張るぞ~!おおっ!」気合を入れました。


コンサートの第1部はクラシックコンサート
共演のピアノ演奏は、高校の同級生小堀香奈さん。
とても息のあった素敵な音色を奏でていました♪


第2部は吹奏楽コンサート
共演は石川フィルハーモニックウィンズのみなさん。
野々市市を拠点に活動している社会人吹奏楽団です。
カーペンターズで有名な「青春の輝き」など3曲を熱演!
1部とはまた違ったサックスの魅力が会場全体に伝わったようでした。



第3部開始の前、作田聖美、島健、野々市市長によるミニトークをお楽しみいただきました。
作田さんが市長と島さんに出会った時のことから、今回のコンサートにつながる出来事や演奏に賭ける想いなどを語っていただきました。
今回のコンサートのプロデュース島健さん。
ジャズピアニストとしての活動に留まらず、作・編曲家、プロデューサーとしてポップスからクラシックに至る数多くのアーティストを手掛けています。第3部をより楽しめるように、聴きどころなども教えてくださいました。


そして第3部の幕開け!ジャズコンサート。
共演は安部潤クインテット。
安部潤(ピアノ)、川崎哲平(ベース)、滝本成吾(キーボード)、山本真央樹(ドラム)、ルーシー(パーカション)。
いずれもビッグアーティストのサポート等を務めている実力のあるメンバー。
「ワンノートサンバ」から始まりました。曲はいずれも編曲は島健。
ショパンの「幻想即興曲」など、サックスも際立つジャズアレンジがなされており、観客は聞き惚れている様子でした。
また、いろんな作田聖美を魅せようと「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」ではボーカルも披露しました。
ご来場の方々からは大きな拍手をいただきました。本当にありがとうございました。


終演後は今回のコンサート記念の4曲入りCDとサインを求めるお客様で長蛇の列が!
会場はいつまでもあたたかいご声援に包まれていました。

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

アンケートの一部をご紹介いたします。

・3部構成になっていたのでいろんなサックスが楽しめました。また県内でコンサートをやってね。
・日々生活に追われて何か忘れている自分が音楽の楽しみを味わうことができ、今日は大変うれしい日となりました。
・素晴らしかった!野々市出身のこんな方がいらっしゃるとは知りませんでした。このようなイベントを度々開いてください。
・これからも野々市から多くのアーティストが生まれることを期待します!
・サクソフォンの素晴らしさを知りました。久々に素晴らしい生の音楽を聴きました。
・さまざまな音色に魅了されました。十分満足できたコンサートでした!
・サックスの音色がこんなにやわらかく美しいとは思いませんでした。作田聖美さんの大ファンになりました。
・力強くもあり優しい演奏をありがとうございました。

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

本当にたくさんの貴重なご意見・感想をいただきました。
ありがとうございました。
今後も様々な方の想いをつなげて形にしていきたいと考えております。
ぜひ、またフォルテにお越しください!

主催:(公財)野々市市情報文化振興財団