フォルテ大ホールのピアノ「ベーゼンドルファー社」の最上位機種「M290」。
特別に皇帝「インペリアル」という称号がつけられている希少なものです。
そのピアノを30分もしくは1時間、自由に弾いてみませんか?という体験会。
早くも17回目を迎えました。
今回も抽選によって選ばれた方々が思い思いのスタイルで演奏を楽しみました。
今回のレポートでは少し裏側を紹介しましょう。


反響板を設置したステージの真ん中にピアノ。ピアノ椅子はお好きなものを選べます。
また、足台が必要な小さなお子様にも対応。
演奏時間は日ごろ練習されている、クラシック・ポップス・ジャズなどあらゆるジャンルの曲を演奏されています。
お子様の演奏時間には写真やビデオの撮影をされる親御さんも!


演奏が終了したら、皆様にはアンケートを書いていただいております。
その感想の一部をご紹介いたします。
********************
・とてもいいひびきで、ひいていて気持ちよかったです。
・60歳近くで始めましたがやってて良かったと思います。
・なかなか演奏できないホールで演奏させていただき大変ありがたく思いました。
・続けてほしい。
・コンクールでも上手にひきたいです。弾きやすかったです。
******************
次回は来年2月2日(日)に開催予定です。
ホームページや野々市市広報誌、ツイッターなどでもお知らせします。
ぜひ、ご応募くださいね!

主催:(公財)野々市市情報文化振興財団