第2回目フォルテ市民企画講座は前回から更に3名が加わり、賑やかな雰囲気で始まりました。

新しい受講者を迎えたこともあり、改めて全員で自己紹介を行いました。講師に「名前以外のことも1分くらい話してくださいね!」と言われ、初めは戸惑っていた受講者たちでしたが、いざ喋り始めると1分なんてあっという間!長い方は5分ほど話しておられました。参加者それぞれの人柄が良く表れており、この自己紹介をきっかけに少しずつ打ち解けていったように見えました。

講座では、前回の内容を振り返りながら第2回目のテーマ、「イベントの基礎知識(必要なもの・流れ)」を学びました。覚えておきたい舞台専門用語や事業運営にあたって必要となる大きな流れを説明したのですが、一つの事業を行うだけでも想像以上の手順があることに驚いているようでした。

第二回目の講座を受けての感想でも

「企画、立案がいかに重要かと痛感しました。」
「企画立案~6W2Hなど正式な流れや作成立案業務を行うことの重要性を再確認しました。」
「予算書の段階でイベントのイメージがほぼできている必要があるというのが大変そうだ・・・と感じました。」
「思った以上に、たくさん準備することがあって、とても大変だな~と感じました。」

などの感想が多く、学びの多い回になったようです。

第3回目は11月15日(土)18:00~20:00開催予定です。
内容は「危機管理・安全対策  施設・施設周り見学」。
事業を行うには、施設の特性などを知っておく必要があります。また、お客様の安全確保も念頭に入れなくてはなりません。次回は実際にフォルテの館内や舞台裏を見学し、体感してもらおうと思います。