1月11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)の四日間に渡り、「演劇ダンスワークショップ」を開催しました。

講師に、ダンサー・俳優・振り付けなど、北陸の舞台で活躍するLAVIT(ラビ)さんを迎え、ダンス未経験者でも楽しめる様な内容で行われました。定員いっぱいのお申し込みをいただいたのですが、なんと下は年少さん上は還暦の方までの幅広い年代が集まった、異色の(?)メンバーとなりました!!このメンバーで、一体どんなダンスを踊るのでしょうか・・・?!


1月11日(日)
初日ということで、少し緊張した表情の受講者達。そこで、ヒーリング音楽に合わせてのストレッチから始まりました。
体を一通りほぐした後は、自己紹介を兼ねた発声練習を。受講者が観客と出演者に分かれ、LAVITさん扮する司会者が「あなたのお名前は?みんなから何て呼んでほしい??」などと出演者に質問します。その後、観客から「○○ちゃ~ん!」と呼ばれたら、出演者は「は~~い!!」と返事するのですが、各々個性あふれるやり取りで、みんな大盛り上がり!名前を確認しながら発声練習もでき、さらに受講者同士もどんどん打ち解けていきました。

発声練習が終わったら、実際に体を動かしていきます。LAVITさんの教え方はとてもわかりやすく、「ボートを漕ぐみたいに引いて~」や「ジャンパー脱ぐみたいに~」など、誰でもわかるような言葉で振りを教えてくれるので、わずか15分の間に受講者全員マイケルジャクソンの「Beat it」の振り覚えることが出来ました!!

その後も、野々市の市民劇団「劇団nono」のテーマソングを歌ったり、そのダンスを歌詞の意味と照らし合わせながら覚えたりと、とても盛りだくさんの2時間でした。

ワークショップ終了後は、みんな汗びっしょり!!心の体もすっきりした、気持ちの良い表情をしていましたよ。


★二回目(1月12日開催)・三回目(1月17日開催)の様子はこちらからご覧ください。
★四回目(1月18日開催)の様子はこちらからご覧ください。