ミュージカル界で世界的に評価の高い女優の島田歌穂と、日本を代表する
ピアニスト・島健の夫婦によるコンサートがここ野々市で実現します!
聴く人すべてを魅了する、スペシャルなステージをお楽しみください。

また、野々市市清金出身で、現在各地で幅広い活動をしているサクソフォン奏者
『作田聖美』や野々市市誕生記念に発足した『野々市市民合唱団』とのコラボレーションもあり、ここ野々市でしか実現できない特別な内容となっています。
素敵な曲に想いを乗せ、皆様にお届けしますよ!

♪ + + + + ♪ + + + + ♪ + + + + ♪ + + + + ♪

日 時 : 6月20日(土) 開場 18:00 開演 18:30
会 場 : 野々市市文化会館フォルテ 大ホール
出 演 : 島田歌穂(歌) 島健(ピアノ)
共 演 : 作田聖美(サクソフォン)野々市市出身 、野々市市民合唱団
入場料 : 前売 一般3,000円 高校生以下1,500円 (当日はいずれも500円増し)
※未就学児は入場不可
チケットプレイガイド : 野々市市文化会館 / 野々市市情報交流館 /
アピタ松任店 / 石川県立音楽堂チケットボックス
インターネット予約は締め切りました。チケット購入希望の方は、
直接、野々市市文化会館(076-248-8000)までお問い合わせくださいませ。

主 催 : (公財)野々市市情報文化振興財団
共 催 : 野々市市、野々市市音楽文化協会
後 援 : 野々市市文化協会、FM-N1、北國新聞社、エフエム石川


◆アーティストプロフィール◆

島田歌穂(歌)
’74年、子役デビュー。’82年、ミュージカル「シンデレラ」で初舞台。
’87年、「レ・ミゼラブル」で脚光を浴び、出演回数は1,000回を超えた。
また同作の世界ベストキャストに選ばれ、日本の女優として初めて英国王室主催の御前コンサートに出演。更にレコーディングに参加したアルバムが米国にてグラミー賞を受賞(’90年)するなど国際的にも高い評価を得る。
主な出演作品は、「ロミオとジュリエット」「ウエストサイド・ストーリー」「黙阿弥オペラ」「江利チエミ物語」「飢餓海峡」「蝶々さん」「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」「ベガーズ・オペラ」「二十四の瞳」「DOWNTOWN FOLLIES」「三文オペラ」などミュージカルからストレートプレイまで多数。
一方、音楽活動も精力的に行い、87年から始まったコンサートの全国ツアー等も回を重ね、98年にはマレーシアで、06年は台湾ツアーと海外でもコンサートを行う。
また、夫でピアニスト/作・編曲家の島健氏とのDuoコンサートや各オーケストラや交響楽団との共演コンサートも数多く行っている。
楽曲のレパートリーはミュージカルは勿論、ジャズからポップス、民謡に至るまで幅広い。
芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞など受賞多数。
現在、大阪芸術大学教授。
2014年、デビュー40周年を迎え、オールタイムベスト「MY GRATITUDE」、新録アルバム「いつか聴いた歌」ほか、復刻再発アルバムを含む6枚を一挙リリース。

 

■公式サイト http://www.shimada-kaho.com

島健(ピアノ)
ピアニスト、作・編曲家、プロデューサー。1978年渡米、アレンジを学びながらジャズシーンで活躍。帰国後、サザンオールスターズをはじめGLAY、JUJU、森山良子、加藤登紀子など幅広いジャンルのアーティストのアレンジ、プロデュース、さらにはミュージカルや映画、TVドラマ等の音楽も数多く手掛ける。サザンオールスターズ「TUNAMI」(弦編曲)、浜崎あゆみ「Voyage」(編曲)ではレコード大賞を受賞。近年ではJUJUのJazz Album『DELICIOUS』、『DELICIOUS 2ndDish』のサウンド・プロデュース、サザンオールスターズ「葡萄」弦・管編曲、ピアノ等を手掛ける。2014年10月には、和田誠氏監修、夫人の島田歌穂とのJazz Album『いつか聴いた歌』をリリース。自身のAlbumとしては、『BLUE IN GREEN』、様々なアーティストとコラボレートした『Shimaken Super Sessions』等がある。

 

■公式サイト http://www.shimaken.jp