演劇・音楽・写真のクロスオーバー 「猫・ねこ・ネコ」


    7月24日(日)13時半からと17時からの2回公演で、フォルテ サマーギフト 「猫・ねこ・ネコ」が小ホールにて開催されました。どちらの公演も予想を上回るくらいたくさんのお客様がお越しくださいました。中には県外からいらして下さったお客様も!

    本当にありがとうございます!!!

    未就学児無料ということもあり、特に1回公演では親子連れのお客様も目立ちましたよ。


    小ホール入り口では、山口良さんの猫の写真がお客様を出迎えてくれます。写真の前で釘付けになっている人、思わず「かわいい~~~!!」と叫んでしまう人など、やはり猫好きの人が多かったのかな?

    公演は「ナナ・イロ」のライブでスタート。ほんわかとした二人の人柄が、お客様との距離をぐんと近づけてくれ、あっという間に会場がひとつになりました。フォルテスタッフも生歌を聞けるのを秘かに楽しみにしていたので、いつの間にか一観客として惹きこまれてしまいました。CDを事前に手に入れて聞き込んでいたのですが、やっぱり生歌は一味違いますね!!

    休憩を挟んで劇団nonoの「11匹の猫の旅」が上演されました。「11匹の猫の旅」はおなかをすかせた野良猫たちが、大きな魚を求めて力を合わせ旅に出るというストーリー。歌あり、踊りありのミュージカル風の劇で、テンポよくお話は進んでいきます。練習段階では息を切らして踊っていた団員たちも、本番はそんな様子を見せずに踊りきっていました。

    団員たちは、昼間は学生だったり会社員だったりと違う生活を送っているので、限られた時間で練習をするのは本当に大変だったと思います。

    そんな劇団nonoのみんなが、たくさんのお客様に大きな拍手をもらっている姿を見て、私たちも本当に嬉しかったです!!

    異なるジャンルのコラボレーションで大成功に終わった「猫・ねこ・ネコ」。
    猫のつぎは「ワン」かな?今後も皆さんに楽しんでいただける企画をお届けしたいと思いますので、ご期待くださいね!
    ■劇団nono 今後の予定2012年1月28日(土)29日(日)
    フォルテ大ホールにて

    「野々市市」市制記念 劇公演
    「トランプの国」上演

    ※劇団nonoは劇団員募集中です。
    俳優だけでなく、舞台スタッフ・制作企画も募集しています。